iPhone SE(第二世代)に機種変更をしました。

4年6ヶ月使ったiPhone6に別れを告げて、iPhone SE(第二世代)に機種変更をしました。

今回の機種変更を意識するきっかけとなったのが、iPhone6のIOSバージョンが古すぎて日常生活に支障が出てきたことです。例えば、今年8月には宮城県仙台市で”オンラインマラソン”が開催されます。スマホを使って好きなときに、好きな距離を通算して42.195kmを走るという企画です。面白そうだな~ということで参加しようとしたのですが、iPhone6ではバージョンが古すぎて(既にiOSアップデートの対象外)門前払いをされました。このような弊害が徐々に増えてきており、今回思い切って機種変更をしたという次第です。あとはBluetoothが反応しなくなってきているので、壊れる前に買い換えようという理由もありました。

機種変更はオンラインで行いました。某コロナの影響で、機種変更がオンラインでできるようになったことが理由です。機種変更をするためには、今まではショップに行く必要がありましたが、それがオンラインだけで完結できるようになったことは、コロナによる影響の良い一面と言っていいでしょう。その分、事務手数料も無料になります。(送料も無料でした。)

オンラインでも、機種変更は簡単にできました。ネットで機種変更したい端末を選択して、支払い方法や料金プランを確認すると端末が宅急便で届きます。SIMカードは自分で入れ替えることになりますが、付属の説明書通りにやれば問題ありません。データ移行も簡単にできます。

新しい機種は、冒頭に書いたとおりiPhone SEにしました。アンドロイドと迷いましたが、これしか無い!と思えるようなアンドロイド端末は見つからず…結局iPhoneにしました。また、今年の9月からマイナポイントが始まりますが、iPhone SE第二世代はマイナンバーカードの読み取りにも対応しており、それもこの機種に変更した理由の一つです。

iPhone11や10とも迷いましたが、値段を考慮してSEにしました。期限切れ間近のdポイント1,000円分を使って税込58,000円です。iPhone系ではかなり安い部類に入るのではないでしょうか。安いと言っても、iPhone11と同じCPUを持っていおり、Qi(ワイヤレス充電)にも対応しています。更にApple Payを使ってSuica等も使えます。顔認証こそありませんが、某コロナが流行している間は不要でしょう。代わりに指紋認証があります。

別売りではありますが、専用のスタンドに置くだけで充電できます。充電ケーブルを挿す必要はありません。便利です。

SEの弱点を上げるとすれば、カメラが一つしか無い点でしょうか。望遠レンズや広角レンズを搭載していないので、スマホのカメラを使って動画や写真を沢山撮りたい、という人には向いていないでしょう。逆に写真を取らない、カメラなんて一つで十分だという方は問題ありません。余計なカメラ・レンズがないのでその分軽くもなります。保護フィルム貼り付けて重さ120gです。軽いです。

総合してとても高コスパです。暫くはiPhone SEでいきます。