感謝

父の墓が完成しました。

某ウイルスの影響もあって、1月に墓石の発注をしたのですが、今月になってようやく業者さんのほうから連絡がきて、設置ができました。

全体像はこんな感じです。使った石はインド産の赤石です。生前は派手で明るい(というかうるさい)人だったので、母と弟と話をした結果、どうせなら墓石も派手にしてやろうということになり、赤い石を選びました。最近では墓石のトレンドも変化してきているようで、今まで「お墓」と聞いて僕たちが想像するような縦型のものから、写真のような横型に変わってきているそうです。一番上には好きな言葉や、名字、あるいはイラストを掘ることが可能です。

一番上に掘る文字は、「感謝」にしました。「ありがとう」と悩んだんですが、「感謝」を選びました。そして上には桜の花びらを書きました。桜が好きな人だったので。

大体、墓石の相場(値段)は、このタイプのもので60万~90万だそうです。ただ、使った石がインド産の赤石ということで、それよりも値段は割に高め…でした。しかし、父は定年退職してすぐに亡くなってしまったので、使わずに手元に残された退職金は、本来は本人が使うはずのお金でしたから、その分を葬儀や墓石に充てることにしたのです。このような理由により、葬儀や墓石を結構派手にしてしまった感はあるのですが…まぁ良しとしましょう。白色や黒色が多いお墓の中で、良くも悪くも結構でかでかと目立っているので、ひと目で家のお墓がどこか分かります。墓参りの時は見つけやすくて楽になるかもしれません。

さて、これで父の葬儀のイベントはほぼ終了で、あとは完成したお墓に遺骨を収納する、納骨だけです。しかし、某ウイルスの影響で、いわゆる「三密」を避けなければならない状況になっていますから、親族を集めて納骨を執り行う…ということが難しくなってしまっています。ただ高齢の祖父もいることから、それがいつ出来るのかは目処がたっていません。

父が亡くなってから、あっという間に半年が経過しました。

早いもので、もうすぐ夏が来ます。