2020年の始まりは、銀座にいって資生堂パーラーのパフェを食ってきた

アメブロ→はてな→ワードプレスと引っ越してきて細々とやっているこのブログですが、2020年、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、年明けは父親の千葉の実家にご挨拶に行ってきて、その帰りに東京を1日ぶらぶらと散策してきました。

しかし、年明け早々一眼レフを忘れるという大失態を犯してしまい、その結果、スマホ片手に東京を散策する羽目になりました。一眼レフで色々と写真を撮る計画を立てていただけに残念です。この屈辱は次の東京散策の機会に晴らすことにしましょう。

どこにでもありがちなスマホの写真ですが、東京スカイツリーの展望台からです。時間があるようでなかった1日でしたが、この日はまず東京スカイツリーに行って、浅草、それから日本橋、銀座の4箇所に行きました。地方住まいの感覚からすると、東京は本当に広いです。東京オリンピックが近いせいか、すれ違う人の半分くらいが外国人でした。

スカイツリーには朝一番の8時にオープンした直後に行ったので、まだガラガラでした。この日は綺麗に晴れていて、遠くの富士山や筑波山まで見ることができました。

スカイツリーの後には浅草に行きました。行ってみて初めて分かりましたが、この雷門周辺には人力車がたくさんスタンバイしており、「お兄さん!人力車どうですか!?」のように声を掛けられます。しかも詳しく聞いてみると、人力車には床暖房を搭載しているというから驚きです。今回はパスしましたが、見た目は古風ながら進化している人力車に興味をそそられます。

お昼は浅草もんじゃを食べました。写真も撮ったのですが、見た目が完全にゲロだったので写真のアップは辞めておきます。でも美味しかった。

ラストは銀座に行って、GINZA SIXや銀座三越、銀座松屋を散策した後に、資生堂パーラーのストロベリーパフェを食べました。日本一物価が高いと言われる銀座ですが、お値段も破格の2,000円です。しかし、このパフェが聞くところによると超有名らしく、これをわざわざ食べるために来たという人たちで長蛇の列ができていました。15時過ぎに行ったにも関わらず40分から50分近く待たされたほどです。

肝心のパフェの味ですが、そこまで甘さが強いというわけではなく、苺の甘みが感じられて美味しいパフェでした。写真では分かりませんが、真ん中にバニラのアイスが入っており、それが合うんですね。今まで蓄積していた疲れが一瞬で吹っ飛んでしまうほど美味しかった。(後ろにいるのは母です)

ということで、今年も頑張りすぎず、頑張らなさすぎず(つまりはほどほどに)やっていきますのでよろしくお願い致します。「まぁ、こいつも頑張ってるんだな」くらいの感覚で見て頂けますと幸いです。今回のように、たまには旅行記的なモノを書ければいいのですが、そもそも旅行に行かないので、果たして。